高津監督「最後に『ピッチャー五十嵐』すごく幸せ」

  • ヤクルト対中日 8回表、マウンドに上がったヤクルト五十嵐(撮影・たえ見朱実)
  • ヤクルト対中日 引退セレモニーでヤクルト五十嵐(左)は高津督から花束を受け取り笑顔を見せる(撮影・足立雅史)
  • ヤクルト対中日 チームメートに胴上げされるヤクルト五十嵐(撮影・たえ見朱実)
  • ヤクルト対中日 駆けつけたファン笑顔で手を振るヤクルト五十嵐(撮影・たえ見朱実)

<ヤクルト1-5中日>◇25日◇神宮

ヤクルト五十嵐亮太投手(41)が、現役最後のマウンドに上がった。日米通算906試合登板となった。場内にアナウンスが流れると大きな拍手と「ありがとう 53 五十嵐亮太投手」の横断幕などが掲げられた。五十嵐が、笑顔で23年間の現役生活に別れを告げた。  

   ◇   ◇   ◇

ヤクルト高津臣吾監督(五十嵐について)「最後に、審判に『ピッチャー五十嵐』と告げられてすごく幸せ。これも何かの縁、タイミング。彼とはいい思い出がたくさんある。これからも頑張ってほしい」