原監督明かす ベンチ入りの菅野は連投志願していた

  • 福岡空港から帰路につく巨人原監督(撮影・横山健太)

日本シリーズで4連敗した巨人は26日、敗戦から一夜明け、福岡から帰京した。

原辰徳監督は、第4戦でベンチ入りし、ブルペンで準備していた菅野智之投手について「本人が『今日、僕、ベンチ入りたい』と。本当は今日(第5戦)は中4日で行く予定だった。『明日も行くんだよ?』って言ったら『今日は1イニングだったらいける』って」と説明。結果的に登板は実現しなかったが、連投を志願したエースの覚悟があった。

対ソフトバンクは2年連続で4連敗。「いい経験もできただろうし、痛い思いもしただろうし。それは全てを糧としないとね」とチームに求めた。