白鵬 臨時理事会に親方と出席 処分通達か…無言で

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が24日、都内で行われた日本相撲協会の臨時理事会に、師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)とともに出席した。

3月の春場所千秋楽での優勝インタビューで、観衆を促して三本締めしたことが、相撲道の伝統や秩序を損なうおそれがあるという理由から問題視されており、今回の問題では理事会、コンプライアンス委員会合わせて、師弟ともに4度目の出席となった。理事会終盤に白鵬、宮城野親方の順番に時間差で会場に入場。滞在は数分間にとどまったが、今回の問題でコンプライアンス委員会から16日に答申した処分意見をもとに、処分を通達したとみられる。師弟は、無言で理事会が行われた都内のホテルを後にした。

その他の写真

  • 神妙な面持ちで臨時理事会の行われている部屋へ入る横綱白鵬(撮影・河田真司)