宝塚 ~ 朗らかに

星組新トップ娘役「まっすぐ、ついていく」/舞空瞳

星組新トップ礼真琴の相手娘役には、4年目102期生の舞空瞳が就いた。ともにトップ入団した首席コンビ。

星組娘役トップの舞空瞳(撮影・上田博志)
星組娘役トップの舞空瞳(撮影・上田博志)

抜てきの緊張感と、4年目にしてトップ娘役に就いた覚悟。娘役の舞空瞳は「責任ある立場に(最初は)時が止まりました」。劇団屈指の実力を誇る若きトップの相手役に迎えられた。「普段からお優しくて、同じ目線で手を差し伸べ、何回も一緒に練習をしてくださる。私に思いっきり挑戦をさせてくださる。頭脳と心が広い」。

星組で初舞台を踏み、花組に配属。2年目に、トップ明日海りお主演の「ハンナのお花屋さん」でタイトルロール。その後、全国ツアー、新人公演でヒロイン経験を積み、今年4月に星組へ。前作の紅、綺咲の退団公演で、初のエトワールも務めた。「苦しかった時期は、毎回です」。つらくなると、「ハンナ-」の映像を見返すという。

「透明感があって、純粋でまっすぐなハンナちゃんの心を思い出したくて。今年の初めは、今、このような自分に巡りあっていると想像もしなかった。刺激と新たな学びが多い1年」

コンビ初作品は、モーツァルトの妻コンスタンツェ役。「宝塚版は悪女ではなく、どちらかと言えばシンデレラのような」と役作りを深める。

10月の宝塚舞踊会では、月組トップ娘役美園さくら、宙組トップ娘役星風まどかと共演。前トップ娘役の綺咲からは「どんなに忙しくても、毎日笑顔でいるすてきさ」を学んだ。花組時代は花乃まりあ、仙名彩世らの背を見て、稽古場から髪形や髪飾り、稽古着と「役にどれだけ自分を寄せていくか」を知った。

「稽古着のスカートも作られていて。稽古場でも、どのように(男役のそばに)いれば魅力的かを常に考えてらっしゃった。私も毎日、コンスタンツェのことを考えながら稽古に」

自身を「不器用」と自覚する。「芸事も、何回もやらないと入ってこない。細かい作業も苦手。アクセサリー作りはとんでもない時間がかかります。舞台前も、朝からかなりウオーミングアップの時間が必要」。

礼と同じ気持ちで、同じ方向に向かって走ることが「幸せ」と感じる日々。「とにかくまっすぐ、ついていきたい」。その瞳には頼もしい力強さが宿る。

☆舞空瞳(まいそら・ひとみ)8月27日、横浜市生まれ。16年、首席入団。花組配属。17年10月の東京公演「ハンナのお花屋さん」、昨年1月の「ポーの一族」新人公演ともに主要キャストに抜てき。同夏「MESSIAH」で新人公演初ヒロイン。同末の全国ツアーでも初ヒロイン。今年4月に星組へ組替えし、前作で初エトワール。身長164センチ。愛称「ひっとん」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング