宝塚 ~ 朗らかに

新人公演初主演「経験無駄ではなかった」/諏訪さき

確かな歌唱とダンス、演技力を誇る雪組トップ望海風斗主演の雪組公演「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」新人公演で、最終7年目の諏訪さきが、初主演に抜てきされた。最後のチャンスだった。

雪組新人公演に初主演する諏訪さき(撮影・加藤哉)
雪組新人公演に初主演する諏訪さき(撮影・加藤哉)

「聞いた瞬間は体中の力が抜けて…。最後の最後に…感謝しかなかった。正直、私はこの新人公演の配役で、自分の目指す方向性が変わると思っていました」

これまで年齢の高い男性や悪役と、多彩な役を演じ、芝居心は高い評価を得ていた。今作は、ギャング映画をもとに、小池修一郎氏が脚本、演出。米・ニューヨークの移民少年が成り上がっていく様と、友情と絆、待ち受ける悲劇を描く。

「今までの(役)すべてがあったから、最後に、男役として幸せなお役をいただけた。経験は無駄ではなかった」。本役のトップ望海は、諏訪の報告を受け「小さくガッツポーズしてくださった」そうだ。

「今までも、新人公演の後、ダメ出しをうかがいに行っていて。そのとき『主演をしたい』と気持ちをずっと伝えていたので。そのためにこの役に何が必要か、何が足りないかを一緒に考えてくださった」

母は大地真央と同期の男役諏訪アイ。幼少時から、近くで宝塚志望の受験生も多く見ていた。5歳からヒップホップ、小学時代はクラシック、ジャズダンスを習い、受験を意識したのは「小6ぐらい」だった。

「最近は、現代的な新しい作品、役も多い。だからこそ、伝統的な、男くさい、宝塚らしい男役に」。王道の男役を極める望海こそ目指すべき道。稽古場でも、望海の姿を追い続ける。

「セリフを言う前の呼吸、歌っているときの下半身の使い方…。歌稽古でも、体を使って歌われる。重心が低い感じがして、そこから深い声が出ているのかな、と。帽子のかぶり方、かぶったときの動きも学ばせていただいています」

今春、新人公演を卒業する。「今年はもっと男役の幅を広げ、芝居も、表現力も高めていきたい」。兵庫・宝塚大劇場で21日、東京宝塚劇場は3月5日。

◆ミュージカル「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(脚本・演出=小池修一郎) 1984年公開のギャング映画(セルジオ・レオーネ監督)をもとに、世界初のミュージカル化。20世紀の米社会を背景に、ニューヨークの貧民街で暮らす移民の少年たちが、ギャングとして成り上がっていく過程と、少年を取り巻く友情と絆、恋を中心に描く。

☆諏訪さき(すわ・さき)10月3日、京都生まれ。13年入団。雪組配属。16年2月「るろうに剣心」新人公演で、当時2番手の望海が本役の加納惣三郎役に抜てき。新人公演では多彩な役に挑み、前作「壬生義士伝」新人公演は、主人公に切腹を命じる旧友を熱演。身長172センチ。愛称「しゅわっち」「くっすー」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング