井ノ原快彦「特捜9」卒業の寺尾聰と最後の撮影に涙

V6井ノ原快彦(43)主演のテレビ朝日系ドラマ「特捜9 season2」(水曜午後9時)が、このほど都内でクランクアップを迎えた。2年にわたり特捜班班長・宗方朔太郎を演じた寺尾聰(72)は、今シーズンをもって卒業する。

ラストカットは井ノ原演じる刑事・浅輪直樹と宗方の別れの場面となった。土砂降りの中、撮影を終えた2人は感極まり涙。固い握手を交わし、抱き合った。

12シーズン続いた前身ドラマ「警視庁捜査一課9係」主演の渡瀬恒彦さんからバトンを受け継ぎ、「特捜9」として今年2年目に入った。井ノ原は「寺尾さんから『渡瀬さんから受け継いだものを大事にしてください』とおっしゃっていただきました」と明かし、「3年目からがスタートだと思っているので、来年もできたら」と表情を引き締めた。寺尾は「コイツ、井ノ原快彦は最高です!」と座長に賛辞を贈り、「僕はいなくなるんですけど、これからも井ノ原快彦を支えてあげてください」と呼び掛けた。最終回は今日26日、15分拡大で放送。