吉本、株主でもメディア操作は不可能/一問一答9

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が、雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らによる詐欺グループを相手にした闇営業問題などについて22日、都内で記者会見を行った。

◇一問一答その10◇

-アメトーーク! などの損害やACジャパンのCMなどの損害額などについては。

岡本社長 現状見積もっていない。

小林弁護士 編集費とか入ってくるとは思うし、無形のものもはいってくると思うが、現状数字では出ていない。

-CMの撤退は吉本トップとしてどう思うか

岡本社長 それも含めて、私が至らなかった。放送局、スポンサーも含め、ご迷惑をおかけしたことは、コンプライアンスの徹底とタレントファーストということを今一度ご理解いただけるように進めて行ければと思っております。

-吉本芸人もこの会見を見て、「血の通った言葉が欲しい」「残念」という反応がある。これではタレントファースト実現できないのでは

岡本社長 真摯に受け止めて、会話を進めていって、理解を得るべく、やるしかない。直接話をすることも含め、何度も話をして、理解を得られるまで会話を続けて行ければ。

-田村淳は亮の契約解除が報じられた時に、会社はなぜ訂正を求めないのか、ツイッターで発信している。

岡本社長 淳の場合は会話できています。僕だけでなく、現場がコミュニケーションが取れています

-テレビ局の株主という件について、吉本は生放送への配慮とのことだったが、一般にはメディアをコントロールできる、と受け取られている

小林弁護士 全くそんなことは考えておりません。不可能と思っている。

-株主問題、似た発言は出たのか

小林弁護士 先方弁護士との話で株主と言う言葉があったが、そのほかは記憶にない。

-謝罪の会見でも株主のテレビ局への配慮が必要なのか

岡本社長 今日はそういうことはしておりません。すべての社に入っていただいてます。

-ならばなぜ2人には配慮をすると説明したのか

小林弁護士 可能なら配慮するということ。それより優先すべき理由もある。

-辞任は考えていないということだが、一度でも検討したのか

岡本社長 そういうことを考えるということの手前で、今やらなければいけないことがありますので、それをまずやる、ということに専念していました。

-減俸50%の基準は

岡本社長 会長の大崎とも話をして、世の中の一般的なことはあるかと思いますけど、そういうことは関係なく、我々としての考えを示した。

-減俸額を被害者団体に寄付などは考えているのか

岡本社長 減俸額ではなく、そもそも会社として、寄付やボランティアを今後考えていく

-今後も口頭契約が軸なのか

岡本社長 基本的には変わりませんが、タレントさんの声もあると思いますので、聞きながらと思っています。