池松壮亮「高尚な遊び」NHKで横溝正史を映像化

俳優池松壮亮(29)が9日、都内のNHKで、主演するBSプレミアム「横溝正史短編集2」(来年1月18日午後11時、同25日と2月1日午後10時30分放送)の会見に共演の坂井真紀(49)と出席した。

「貸しボート十三号」「華やかな野獣」「犬神家の一族」の3作を3週にわたって放送する。気鋭のクリエーターたちがほぼ原作に忠実に映像化するシリーズ。16年に第1弾が放送されている。

池松は「何じゃこりゃと思っている方もいると思いますが、僕も半分思っています」と冗談めかすと、「普段、あまりドラマ畑ではないチームで、監督も個性があって、志の高いスタッフがいて、3年前、大人の日本昔話をやりたいと口説いてもらいました。今回、素晴らしいキャストの方が集まってくれて、みんなで高尚な遊びができたと思う」と語った。

坂井は「とにかくセリフがすごく多くて。この日程で、このセリフ量というのは、女優をやらせていただいている中で、一番長い。現場で、言っても言っても終わらなくて泣いてました。涙が出たのは初めて。でも、すべて面白くてすてきなセリフばかり。参加できたことを幸せに思います」と語った。