波瑠主演「未解決の女」初回好調13・1%スタート

波瑠主演のテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9時)の6日初回の平均視聴率が13・1%だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(通称文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組んで未解決事件の解決に挑む人気ドラマの第2弾。

テレビにも出演する人気弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかる。

遺体の周辺には破られた紙片が散乱しており、貼り合わせると「もーいちど ころす しょーしたい」という不穏な一文が浮かび上がった。警察はすぐさま有田の家族や勤務先の法律事務所、愛人だった女優遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。しかし有力な容疑者は特定できず、時間がたっていった。

未解決事件の発生から5年、捜査一課の刑事・岡部守(工藤阿須加)が未解決事件の文書捜査を担当する文書解読係に、「ある新事件の文書を解読してほしい」と依頼に訪れる。被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)で、現場から逃亡した男に火を付けられ焼死体で見つかった上、彼の部屋には「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていた。