讃岐DF市村篤司、左太もも裏肉離れで全治6週間

 J2のカマタマーレ讃岐は8日、DF市村篤司が左太もも裏の肉離れで全治約6週間と診断されたと発表した。

 4月29日の松本戦で負傷した。

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新