J2町田FW晴山コロナ陽性、京都戦は予定通り開催

町田ゼルビアは2日、ルーキーのFW晴山岬(19)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。町田はこの日夜に京都サンガFC戦(午後6時半キックオフ、サンガS)を控えているが、遠征メンバーに濃厚接触者がいないことから、Jリーグおよび京都と協議の結果、予定通り試合を開催するという。

晴山は前日に千葉県内でU-19日本代表候補合宿に参加しており、同合宿集合時のPCR検査で陽性反応が認められていた。現在は37・2度の発熱があり、病院で療養しているという。

7月31日に実施したJリーグ公式PCR検査の結果が2日に判明し、晴山以外の選手、スタッフは全員陰性が確認されている。1日、2日に37・5度以上の発熱が確認された選手は、晴山以外にいないという。

町田の大友健寿社長は「今後も関係各所と連絡を取り合い、また、保健所・専門家の指示を仰ぎながら最善の対策ができるよう努めてまいります」とコメントを発表している。