大宮-福岡戦が当日中止、福岡選手の陽性可能性高く

  • 試合が中止となり、張り紙が出されたNACK5スタジアム

Jリーグは2日、この日予定されていたJ2第9節大宮アルディージャ対アビスパ福岡(午後7時キックオフ、NACK5)の試合を中止すると発表した。

新型コロナウイルスに関するJリーグ公式検査の結果、福岡の選手1人が「陽性の可能性が非常に高い」と判定されたことを受け、医師による陽性診断がなされた場合、キックオフ前までに濃厚接触者の特定ができないため。

J2ではこの日、町田ゼルビアのFW晴山に陽性反応が認められたことが判明しているが、遠征メンバー内に濃厚接触者がいないことから、この日予定されている京都サンガFC戦(午後6時半キックオフ、サンガS)は実施が決まっている。