浦和6失点大敗「コントロールを失って」大槻監督

  • 浦和に勝利し、喜ぶ名古屋前田ら(共同)

<明治安田生命J1:名古屋6-2浦和>◇第9節◇9日◇豊田ス

浦和レッズは球際で競り勝てず、大量失点を喫した。

0-2で迎えた前半18分。反撃ムードを作れないままにCKから相手MFシミッチのヘッドで追加点を許し、MF柴戸は「2失点したところで次の失点はいけないという意思統一ができなかった。失点した後はより集中しないといけないし、そこが大前提」と悔しそうな表情。

大槻監督も「3失点目でゲームのコントロールを失ってしまった。しっかり見直す点がある」と口元を引き締めた。

前半だけで5失点したことで、反撃する展開に持ち込むことはできなかった。GK西川主将は「6失点したことも悔しいが、前半で修正できなかった悔しさの方が強い。1歩詰める、詰めの甘さを反省しないといけない」と課題を挙げた。