日本代表が開幕戦ロシア対策、重圧制御へ呼吸法習得

ラグビー日本代表は都内で約2時間半の練習を行った。報道陣に公開された冒頭部分では、FWはスクラム、BKは攻守の連係などを確認。

開幕戦の相手ロシアは、世界ランクこそ20位と格下も、昨秋のテストマッチでは32-27と苦戦した。SO田村は「捨て身とは言わないが、やると決めたことを全員で徹底してくる、すごく良いチーム」と警戒した。日本代表は、重圧を制御するため、メンタルコーチから呼吸法などの教えも受けている。FB山中は「プレッシャーを受け入れ、そこも楽しみながらやっていきたい」と話した。