nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

元フジ名物Pの佐藤さんがお笑い塾設立

 「笑っていいとも!」「オレたち ひょうきん族」などを生み出したフジテレビの名物プロデューサー佐藤義和さん(57)がお笑いスター養成塾を設立したことが25日、分かった。昨年末に退社。番組制作会社とともに、未来のお笑い芸人を育てる「佐藤塾」を東京・銀座につくり、4月に開講する。

 塾は週2日制。カリキュラムは講義と実技で構成されている。講師には佐藤さんのほか、「恋のから騒ぎ」の放送作家広岡豊さんら第一線のテレビ関係者をそろえ、テレビ番組のイロハやネタづくりなど実践的内容を教えていくという。特別ゲスト講師として放送作家高田文夫さんの協力も得た。実技では元タカラジェンヌの講師によるダンスや日舞のレッスンも用意されている。入学式には、タモリも参加する予定だ。

 佐藤さんはこの3年半、番組制作から遠い部署にいた。「でも、どうしても制作の現場にかかわっていたいと思ったんです。それには、飛び出すしかなかった」と脱サラを決意。番組制作会社を設立し、同時に自分の手で未来のお笑いスターも育て、テレビ界に送り込むことにしたという。

 現在はお笑い芸人を目指す若者を対象にした学校や講座も多い。ライバルとの差別化について、佐藤さんは「今の若手芸人の中には、演芸の基本を知らない人も多い。私の塾ではそれをちゃんと教えた上で、テレビで本当に通用する人材を育てていきたい」と話し、ヒット番組を次々に手がけてきた経験の伝授に自信をみせている。

 詳細はhttp://www.sps-satojyuku.com/または(電話)03・3564・0004。

[2006/1/26/08:23 紙面から]


【関連情報】
最新映画の予告編公開中!シネマページへ
いつでもどこでも芸能ニュース!
日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式
日刊スポーツバックナンバーの申込みはこちら
携帯で映像NEWS!「朝日モバイルステーション」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】おやつ♪ [26日22:39]
  • 【黛まどか】「私のマザーフード」 [20日15:59]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】ダルビッシュがエイベックス入り [13日07:31]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.