nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

高松塚古墳の飛鳥美人の顔に黒い染み

 国宝壁画を修復・保存するため、石室解体が決まった奈良県明日香村の高松塚古墳(特別史跡、7世紀末−8世紀初め)で、「飛鳥美人」と称される西壁の女性像の顔に黒い染みができていることが9日、文化庁などの調査で分かった。

 高松塚壁画は劣化が明らかになり、数カ所にカビが見つかっているが、顔など中心部に汚れを確認したのは初めて。肩にも染みがあった。カビの可能性が高く、あらためて修復・保存の緊急性が裏付けられた形だ。

 奈良市で開かれた「国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会」(座長・渡辺明義元文化財研究所理事長)で報告した。

 文化庁によると、2日の定期点検で撮影した写真を精査。目元にほくろのような黒い染みがあると気付いた。過去の写真も調べ、昨年9月ごろ既にあったと分かった。

 同じ女性像の肩に縦2センチ、横3センチの黒い染みがあるのも判明した。04年に発行した写真集で、わずかに黒ずんでいたが、さらに濃くなり拡大したらしい

 高松塚はカビ対策の緊急処置として冷却パイプを設置。昨年9月から、で石室内部の温度を下げている。一時は壁画上に大量発生したゲル状の細菌やカビがほとんどなくなり、全体的に落ち着いた状況になっているという。

[2006/2/9/18:39]



 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】サッカー漬けの代表 [09日11:54]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.