速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第20回】

強制から「努力義務」へ

あなたの隣の感染症

予防接種

 予防接種と聞くと、小中学校の体育館に並んでの注射を思い出す人が多いはず。だが、今は保護者の意志による個別接種が中心となり、学校などでの集団予防接種はほとんど廃止されつつある。これは94年に予防接種法が改正され、以前は集団接種の形で義務として行われた予防接種が「努力義務」になったためだ。

 予防接種法ができたのは48年、衛生状態も栄養状態も悪かったため多くの伝染病が広まり、強制的な予防接種が必要だった。その後、日本は豊かになり、長年強制的に予防接種を行った成果も現れ、感染症で亡くなる人も減った。今でもまだ予防接種が必要なの? と疑問を持っている人もいるだろう。

 また予防接種は、ワクチンという異物を体に入れることなので、確率は低くとも副反応の危険性も含むため、国が予防接種を強制することはできない時代だ。保護者が予防接種による健康被害を恐れ「○○の接種はしない」という意思決定をすることも認められた。予防接種は、義務から、親が責任を持って、子供のために後悔のないよう、納得いくまで考えて決める努力義務に変わった。

 そのためにも、まず各市町村からのお知らせをきちんと見る。親が各ワクチンについての説明文を読む。問診票に答え、子供の体調をみきわめて病院に行く。かかりつけ医の説明を聞いて判断し、承諾のサインをする。できればワクチンのラベルも確認し、接種をきちんと見届ける慎重さがあっていいだろう。

 ワクチンについて分かりやすく解説した「予防接種は安全か 親が知っておきたいワクチンの話」を監訳した国立三重病院の神谷斉院長は「この本は米国の小児科医が書いた本ですが、内容を読んで、日本の保護者の方に紹介したいと思い訳しました。病気はかかってから治すのではなく、かかる前に予防することが、大切な子供さんのためによい方法です。予防接種の健康被害の可能性は、予防接種で免疫をつけずに、もとの病気にかかるのに比べ、確率的に安全度は高いのです」と呼び掛けている。

【ジャーナリスト 月崎時央】

「予防接種は安全か親が知っておきたいワクチンの話」

 (ポール・A・オフィット&ルイス・M・ベル著、日本評論社刊、神谷斉・植田浩司監訳) 子供の予防接種を推進する立場で、ワクチンの意味と安全性を解説している。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ