速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第39回】

心理的影響きわめて大きい

今、心の診察室では

円形脱毛症(上)

 高校3年生のA男君(17)は、髪の長さが気になり始め、いつもの理髪店へ。そこで、円形脱毛症を指摘された。円形脱毛症と知ってしまうと気になるもので、A男君は10日後に皮膚科を受診。10円硬貨大の円形脱毛巣は1カ所から数カ所に増えていた。

 スチーマーを使った温熱療法や薬を使った治療が行われたものの、脱毛巣は次第に拡大。そのうち、A男君は物がのみ込みにくい嚥(えん)下困難をも訴えるようになり、内科を受診した。医師は“神経性嚥下困難”と診断し、A男君は入院することになった。医師は心理的影響がきわめて大きいと考えたのである。

 入院中の心理療法からA男君の置かれている生活環境が浮かび上がってきた。A男君は両親と祖父母の5人で暮らしていた。父は小さな部品工場を経営していた。バブル崩壊後は父の小さな工場にも倒産の波が押し寄せた。資金繰りに苦しむ父は、家に戻ると家族に当たり散らすように…。

 そのうち両親は離婚。倒産はまぬがれたものの、父の外での嫌なことのはけ口はA男さんに向けられた。殴る蹴る! そんな毎日が続いた。「入院できて、ほっとした」と、A男君はもらした。入院して5日目のことだった。

 そして、2週間後。医師はA男君の父、祖父母とともに、担任の教師を交えて話し合いの時間を持ち、どんなにA男君が張りつめた生活を送ってきたか、理解してもらおうとした。父親との話し合いは数回に及び、やっと理解してもらえたため、A男君は無事退院となった。

 A男君の円形脱毛症、嚥下困難は外来で治療を続けた。順調に回復し、A男君の治療は終了。治療をスタートして7カ月の月日が流れていた。バブル崩壊後の厳しさは弱者へ弱者へとシワ寄せが行く。高校生のA男君はその被害者の1人なのである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

円形脱毛症

 後天性の脱毛。瘢(はん)痕や皮膚病変を伴わない脱毛で、直径2〜3センチの円形の脱毛斑の単発型が一般的。それが複数できると多発型。頭全体の髪が抜けるのが全頭型である。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ