速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第41回】

緊張で悪化、開き直りが大切

今、心の診察室では

多汗症(上)

 「手に汗握る…」。こんな表現がある。その言葉通り、緊張した場面では手のひらに汗をかくものだが、それを普段もずっとかいている人が…。それも半端な汗の量ではない。

 商社の営業所の事務員をしているA子さん(23)は、小学校5、6年のころから、手が常にしっとり湿っており、ときどきぐっしょり汗ばむことに気付いた。それも多少の湿り具合ではない。汗のために手のひらの皮膚がふやけ、ポロポロとはがれてしまう。

 夏場ほど重症で、A子さんは子供ごころに「手袋をしていたい。そして、誰とも握手をしたくない。でも、夏場に手袋をしていると、余計に変に思われるし…」と、悩んでいたという。高校生ごろからは、手のひらの皮膚がボロボロはがれていくことはなくなったものの、OLになってからも、ハンカチを握って文字を書かないと汗で書類が汚れたり、破れてしまう。

 テレビなどで多汗症のことを知り、A子さんは近くの心療内科を受診した。医師の問診で、A子さんの性格や背景が次第に分かってきた。A子さんは他人にちょっと何か言われると、それをいつまでもクヨクヨと悩んでしまう。また、何か事があった後に、ああすれば良かった、こうすれば良かったと、後悔の日々を過ごしてしまう。仕事が嫌になってしまったり、不眠に悩んだこともあった。

 基本的に、A子さんは「自分を多少犠牲にしても、他人の面倒をみるような優しさのあるタイプ」だった。また、家庭環境的には、A子さんは高校時代に病気で母親を亡くしていた。

 心療内科医は母親的な優しさでA子さんに接し、A子さんの訴えに耳を傾けた。そして「緊張などの心理的要因で多汗症は悪化する」ことを、A子さんに十分に理解してもらい、逆に開き直るように指導した。さらに自律訓練法、カウンセリング、漢方薬が処方された。A子さんの多汗症の症状は、8カ月後には仕事中のみにまで改善した。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

自律訓練法

 自律神経にはストレスで興奮する交感神経と、その高められた緊張をほぐす副交感神経の2つがある。自己暗示をかけて心身の緊張をときほぐす自律訓練法は一種の催眠療法で、意識的に副交感神経を高め、自律神経のリズムを整える。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ