速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  現代医学が明かす漢方の威力
 

【第26回】

半夏厚朴湯で嚥下反射が8秒短縮

現代医学が明かす漢方の威力

誤嚥性肺炎(2)

 誤嚥(ごえん)性肺炎は、飲食物など誤って肺の方に入った異物が原因で起こる肺炎だ。高齢者の肺炎では一番多く、これを防止できれば、肺炎による高齢者の死はかなり減らすことができる。

 そのポイントは、のみ込みと咳(せき)反射の障害を改善することにある。漢方の古典にヒントを得た東北大先進漢方治療医学寄付講座(漢方内科)の岩崎鋼助教授は、さっそく半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を患者さんにのんでもらった。

 対象は、脳梗塞(こうそく)など脳血管障害の患者さんで、誤嚥性肺炎を起こした経験のある人。この人達を2つのグループに分け、一方には半夏厚朴湯を4週間のんでもらった。そして、鼻からのどにチューブで少量の水を入れ、ゴクンと飲み込むまでの時間を測定した。つまり、のみ込みの反射が起こるまでの時間を計ったのだ。その結果は、岩崎助教授が目を見張るほどだった。

 半夏厚朴湯を飲む前は、2つのグループとも飲み込みまでに11秒前後の時間がかかっていた。岩崎助教授によると「健康な人では1・5秒ぐらいで嚥下反射(のみ込みの反射)が起こります。2秒台までなら安全領域です。これが10秒を越えると誤嚥性肺炎を起こすリスクが非常に高くなる」そうだ。対象とした患者さんたちは、みな高危険群の人たちだったのである。

 ところが、わずか4週間後には、半夏厚朴湯をのんでいたグループでは何と飲み込みまでの時間が平均2・6秒前後まで短縮されていた。のみ込みの反射が起こるまでの時間が8秒以上も短くなり、正常域まで回復していたのである。ここまで改善できれば、誤嚥性肺炎を起こす危険はグッと少なくなる。

 「西洋薬の中からも嚥下反射を改善する薬を見つけていますが、半夏厚朴湯の方が嚥下反射の改善のしかたはシャープです。まさか、ここまで効果があるとは思いませんでした」と岩崎助教授は語る。では、誤嚥した飲食物を吐き出す咳反射は改善できるのだろうか。

【ジャーナリスト 祢津加奈子】

西洋薬

 東北大は、高血圧の治療に使われるACE阻害薬やパーキンソン病の治療に使われるシンメトレルに、嚥下反射や咳反射を改善する作用があることを突き止めている。ACE阻害薬では、嚥下反射までの時間が4秒台まで改善されているそうだ。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ