世界7位で第4シードの錦織圭(26=日清食品)が同11位のガエル・モンフィス (29=フランス)を2-1で下し、初のベスト4に進出した。日本勢96年ぶりのメダルへ大きく前進。準決勝ではロンドン五輪金メダルのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

リオ五輪特集ページはこちら


錦織7-6
4-6
7-6
モンフィス

第3セット


   101112
錦 織      8
モンフ      6

○はキープ、◎はブレーク、Tはタイブレーク

男子シングルス準々決勝 ベスト4進出を決めた錦織は手で顔を覆う(撮影・菅敏)
男子シングルス準々決勝 ベスト4進出を決めた錦織は手で顔を覆う(撮影・菅敏)

タイブレーク 錦織が4連続失点から絶妙ロブで1-4。3連続得点で3-4。しかしモンフィスにサービスエースを許し3-6とマッチポイントを握られる。しかし粘って5-6。相手がダブルフォールトで6-6。ドロップショットなどで追い込み7-6と逆にマッチポイントを握ると、相手のショットがアウトで5連続ポイントで大逆転勝利。4強入りを決めた

第12ゲーム 錦織がプレッシャーのかかる場面で初めてのサービスエース。ラブゲームでキープ

第11ゲーム 錦織が積極的なプレーで15-40からジュースに持ち込んだがキープされる

第10ゲーム 錦織が30-15から相手にリターンエースを決められる。ジュースに持ち込まれるもキープ

第9ゲーム モンフィスがキープ

第8ゲーム 錦織がラブゲームでキープ

第7ゲーム モンフィスがキープ

第6ゲーム 錦織がジュースに持ち込まれながらもキープ

第5ゲーム モンフィスが40-15からキープ

第4ゲーム 錦織が40-15からキープ

第3ゲーム 錦織が15-30からリターンエース。しかしモンフィスがキープ

第2ゲーム 錦織が危なげなくラブゲームでキープ

第1ゲーム モンフィスがラブゲームでキープ

第2セット


   101112
錦 織         
モンフ       

○はキープ、◎はブレーク、Tはタイブレーク

第10ゲーム 錦織が40-0から3連続ポイントを奪われジュース。モンフィスにバックのダウンザラインを決められセットポイント。錦織にフォアのミスがでて第2セットを奪われる

第9ゲーム モンフィスが0-30から4連続ポイントでキープ

第8ゲーム 錦織が40-15から鮮やかなドロップショットを決めてキープ

第7ゲーム モンフィスが40-15からバックをクロスに決めてキープ

第6ゲーム 錦織が40-15から相手のミスショットを誘ってキープ

第5ゲーム モンフィスが40-15から強烈なフォアを決めてキープ

第4ゲーム 錦織がキープ

第3ゲーム モンフィスのサーブ。30-30から長いラリーの末に錦織にボレーを決められ30-40。モンフィスはラリーで転んだ際に左手を突き手首を痛める。2度目のジュース。錦織の連続ミスでモンフィスが苦しみながらもキープ

第2ゲーム 錦織は40-30からフォアにミスがでてジュース。一進一退の攻防で3度目のジュース。モンフィスはフォアにイージーミスがでてなぜか腕立て伏せのパフォーマンスに会場も沸く。6度目のジュース。錦織はフォアの連続ミスがでてブレークバックされる

いきなり腕立て伏せを始めるモンフィス(ロイター)
いきなり腕立て伏せを始めるモンフィス(ロイター)

第1ゲーム モンフィスのサーブ。30-30から錦織はバックのダウンザラインで30-40。ロブショットが外れてジュース。モンフィスのリターンにミス。モンフィスのドロップショットがネットにかかり錦織がいきなりブレーク

第1セット


   101112
錦 織      7
モンフ      4

○はキープ、◎はブレーク、Tはタイブレーク

タイブレーク 錦織は6-4からストーローク戦に持ち込み最後は強烈なバックハンドショットを決めて7-4で第1セットを先取

第12ゲーム モンフィスがラブゲームでキープ。タイブレークへ

第11ゲーム 錦織は40-30から、センターへのサービスが決まりキープ

第10ゲーム 15-40で錦織にダブルのブレークチャンス。錦織の連続ミスでジュース。錦織がバックハンドの連続ミスでモンフィスがキープ

第9ゲーム 錦織がラブゲームでキープ

第8ゲーム モンフィスがラブゲームでキープ

第7ゲーム 40-15から錦織の強烈なバックハンドがクロスに決まりキープ

第6ゲーム モンフィスがラブゲームでキープ

第5ゲーム 錦織がラブゲームでキープ

第4ゲーム 0-40から錦織の3連続ポイントでジュース。錦織のバックハンドにミスが続き、モンフィスがキープ

第3ゲーム 錦織が40-30からボレーを決めてキープ

第2ゲーム 40-30から錦織のフォアが外れ、モンフィスがキープ

第1ゲーム モンフィスがコイントスに勝ってレシーブ選択。錦織のサーブで試合開始。30-40から相手のミスでジュース。フォアのクロスで連続ポイントを奪ってキープ

男子シングルス準々決勝 サーブを放つ錦織(撮影・菅敏)
男子シングルス準々決勝 サーブを放つ錦織(撮影・菅敏)

錦織と五輪

 08年北京、12年ロンドンに続き3大会連続出場。北京出場時は世界124位。世界ランキングでは本戦入りできなかったが、期待の若手として推薦選手に選ばれた。1回戦で34位のシュットラー(ドイツ)と対戦し敗退した。ロンドンでは17位として、初めて世界ランキングでの本戦入り。第15シードがついた。会場はウィンブルドンで、芝は決して得意なコートではなかった。それでも3回戦で同5位のフェレール(スペイン)を破って8強入り。5位入賞を果たした。