予選首位の寺田千恵(54=岡山)が際どいスタートから逃げ切り、ファイナル1枠を手にした。

準優12Rは3コース三浦裕貴がフライングに散る中、寺田もコンマ01の踏み込み。「これで残ったのは本当に大きい。夜の方が良くて、足は節一と言っていい」と言う通り、舟足は抜けている。イン戦は4戦4勝で、若松はもともと純地元プール。最後も難敵相手にしっかり逃げ切って期待に応える。