伯母芳恒(50=東京)が、準優11Rで2着に入り、優出を果たした。

当地は縁のある水面で、デビュー戦、初めての1着、通算1000勝と全て多摩川。さらに直近の優勝も18年2月の当地だ。「ありがたいです。行き足はいつもより押している感じがあるし、足は全体に悪くない。(優勝戦は)みんなの走りを見て勉強します」。展開待ちの6枠で、伯母自身もあまり気持ちを前面に出すタイプではないが、このゆる~い自然体がプラスに働きそう。大外から展開を突いて舟券に貢献する。