永田秀二(38=東京)は初日こそ4着だったが2日目は3Rで4カドまくり、8Rはイン逃げと連勝を決めて予選を5位で突破。「ペラをたたいて体感が良くなって、住之江にしては乗り心地もいい」と10号機の底上げに成功。ただ回転不足も示唆。2枠で挑む準優10Rは気温低下を望んだ。「お空にお願いします」。笑顔とともに闘志をにじませた。