日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

テスタが待ったをかける/フェブラリーS

鈴木の本命テスタマッタ。大外一気でV2決める
鈴木の本命テスタマッタ。大外一気でV2決める

<鈴木良一のG1フルスイング:フェブラリーS>

 JCダートを圧勝した昨年の最優秀ダート馬もいなければ、東京大賞典の勝ち馬もいない。かといって芝からの転戦馬があてにならないのは、過去のデータが示している。文字通りの大混戦。ならば昨年の覇者テスタマッタの実力を信頼していい。迷いなしの◎だ。

 レースは間違いなくハイペースになる。JBCスプリントの覇者タイセイレジェンドが堂々の逃げ宣言。初ダートのカレンブラックヒルやガルボも砂をかぶる競馬だけはしたくないから、スタート直後の芝を利して一気に前を狙う。1200メートルのG1を逃げ切った快足馬に芝馬が絡めば、まず激流は避けられない。

 この流れが◎の持ち味を存分に引き出すだろう。昨年は4角後方3番手という絶望的な位置取りから、大外一気に差し切った。中距離戦では好位や逃げという競馬もしたが、最大のセールスポイントはやはりラストの破壊力だ。実際、東京マイルでは安定して爆発的な末脚を繰り出してきた。7戦中6戦で出走馬中3位以内の上がり3ハロンをマーク。先のような激流を想定すれば、ここでもまず不発はありえない。

 展開面から最後は○ガンジス、▲イジゲンとの末脚勝負になるとみたが、◎は○には爆発力で上回り、▲には安定感で上回る。連覇はもちろん2勝馬もいないというフェブラリーSだが、ジンクスは破るためにある。鞍上は3歳牝馬は勝てないと言われたジャパンCを制した岩田。今年もテスタマッタの大外一気だ。

 馬連(14)-(7)(8)(2)(3)(6)(10)(16)。

 [2013年2月16日8時48分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞