第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

   ◇   ◇   ◇

MF森崎澄晴(すばる、3年)は仲間の思いも背負ってピッチに立つ。本職はボランチ。プレーに派手さはないものの、堅実な守備と的確なポジショニングでチームを安定させている。今夏までボランチとしてコンビを組むことが多かったMF福地瑠伊(るい、3年)がひざを負傷。全国選手権の出場が絶望的となった。森崎は「より自分がやらないといけないという気持ちが強くなった。自分が中盤を引っ張っていく」と決意する。

自身の役目はルーズボールの回収とゲームの組み立て。「ボールを奪いきるプレーは負けたくない」。未然にピンチを防ぐ危機察知能力が高く、自陣で相手に自由を与えない。ボール奪取からの縦パスも特徴の1つ。全国では「とにかくチームの助けになるプレーを続けて、優勝を目指したい」と闘志をみなぎらせた。【神谷亮磨】

◆森崎澄晴(もりさき・すばる)2005年(平17)11月21日、愛知県生まれ。小1からAFC AGUIでサッカーを始め、中学時代は刈谷ジュニアユースでプレー。家族は両親、姉2人、弟。170センチ、64キロ。右利き。血液型A。