川崎フロンターレDF三浦颯太(23)が湘南ベルマーレ戦でJ1デビューを果たした。

すでに日本代表、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場経験はあるが、プロ1年目の昨季はJ2ヴァンフォーレ甲府で過ごしたため、J1は初出場となった。左サイドバックとして堂々としたプレーを披露。持ち味の推進力がJ1でも通用することを証明して見せた。「J1のピッチに立てたというのは、目標にしてきたものなんで、そういった部分では、すごく素直にうれしいですし、これで全然できるというのは、自信を持っていいかなと思う」とかみしめた。

記念すべきJ1初出場のピッチは、全日本大学選抜として日韓戦を戦ったことのあるスタジアムだった。当時も調子が良かったといい、相性の良い会場で躍動した。「自分の中でできることが整理されてきているので、できることを出せばこのレベルでも通用する自信はある。出せる準備とどんな相手にも対応できるようにしたい」。

緻密なパスワークが特徴の川崎F。過去に新加入選手が苦労するケースもあったが、見事にシーズン初めからフィットしている。「1人1人の質が高いのでそこに助けられている部分もあるのかな」と謙遜しつつ「できないことをやってもしょうがないので、周りと合わせながら、あまり難しく考えないようにしています」。推進力、上下動といった特長で、早くもチームのストロングポイントとなりつつある。【佐藤成】