日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は6日、フィギュアスケート男子で昨秋9季ぶりに現役復帰した元五輪代表の織田信成(大阪スケート倶楽部)が、今年1月の国体で残した成績(9位)が失効すると発表した。

復帰届の提出が遅れたため。規程では、引退したトップ選手が国内最高レベルの競技大会に出る場合は6カ月前までにJADAなどに復帰届を出してドーピング検査の対象となる必要があると定めている。織田は国体出場時点で復帰届を出しておらず、今夏7月29日付で提出。規則違反と判断された。10月の西日本選手権で優勝したが、同規程で年末の全日本選手権(長野)には出られない。