日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

落合GM会見「この船は1度沈没した」

就任会見であいさつする中日落合GM(撮影・桜井希望)
就任会見であいさつする中日落合GM(撮影・桜井希望)

 中日の初代GMに就任した落合博満氏(59)が11日、オレ流復活で常勝軍団復活を誓った。名古屋市中区の球団事務所で就任会見を行った。監督退任以来2年ぶりの中日復帰で、谷繁元信選手兼任監督(42)の全面バックアップを約束。谷繁を名将に育てる青写真をはじめ、Bクラスに転落したチームを「沈没船」にたとえるなど落合節全開で「最後のご奉公」を誓った。

 落合氏は満面の笑みをたたえて言い切った。GMとしての目標を問われた時だ。「監督以上に責任は重い。優勝するチームをつくらなきゃ、やる意味がない。それをしなかったら野球をやっちゃいけない。現場が頑張ってるのに戦力をつくれなければすべて私に責任がある」。ユニホームではなくスーツ姿のフロント最高責任者として、球界の頂点に立つ意気込みだ。

 一番の仕事は谷繁兼任監督のサポートだと、強烈な自負を交え明言した。「谷繁をバックアップできる人間に誰がいるんだ。そう考えた時に、相当の覚悟が湧いて、ある程度野球の知識があって、防波堤になれる人間っていうのは、野球界でもそういるわけじゃない」。選手で3度3冠王、監督で優勝4回の野球人落合だからこそ、谷繁を一流指揮官にできると所信表明した。

 名将谷繁への青写真も披露した。「野村さんの出場記録を抜くまでの2年間は補佐する体制で出発する。3年後はどんな組織をつくってどんな野球がしたいかが鮮明に映し出される」。野村克也の3017試合(あと117)を抜くまでの2年は兼任、3年目以降は監督に専任させる意向。監督の契約年数は「最低4年と考えています。5年目は彼の手腕にかかっている」と異例の長期政権を約束した。

 退任2年で衰退したチームにはスパルタが必要と力説。「練習しなきゃ選手はうまくならない。体力がつかない。その基本がこの2年間あったかどうか」。13日からの秋季練習では、地獄特訓復活で鍛え直す。「オレの名前が出た時点で選手も分かってるはず。どの選手が使えて使えないか」。鬼落合の襲来も予告した。

 「お客さんがナゴヤドームに見に来てくれるよう、チーム全部が思いを込めて野球をやらないといけない。優勝する強いチームをつくることが一番の早道。この船は1度沈没しちゃったんだ。立て直すには倍じゃなく、3、4倍の力がいる」

 会見後は組閣の他、スカウトらと部門別に活発に意見交換するなど、7時間に及ぶ初仕事をこなした。【松井清員】

 [2013年10月12日10時59分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞