日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの格闘技ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 格闘技
  3. ニュース

まさか…長谷川が王座陥落!/ボクシング

ロープに左腕を引っかけた長谷川(右)はモンティエルの左フックを食らう
ロープに左腕を引っかけた長谷川(右)はモンティエルの左フックを食らう

<プロボクシング:WBC世界バンタム級タイトルマッチ>◇30日◇東京・日本武道館

 日本のエースが、まさかの王座陥落だ。WBC世界バンタム級王者の長谷川穂積(29=真正)は、WBO(日本未公認)世界同級王者フェルナンド・モンティエル(31=メキシコ)との事実上の“統一戦”に4回2分59秒TKO負けした。ラウンド終了間際に強烈な左フックから連打を浴び、レフェリーストップ。11度目の防衛に失敗し、悔し涙を流した。今後は現役続行が濃厚で、陣営はモンティエルとの再戦を希望した。 

 何という結末か。長谷川が負けた。それは、あっという間の出来事だった。4回残り8秒。飛び込みざまにショート気味の左カウンターを食らった。慌てて右を返そうとしたところに、一瞬速くモンティエルの長い左フックを、まともに被弾した。ロープ際まで後退し、めった打ちにされた。

 首が、顔が、大きくゆがむ。左腕をロープにかけて踏ん張り、下げた頭を必死に振った。パンチの雨はやまない。レフェリーに止められた。「NO」と声を上げて続行可能をアピールしたが、時既に遅かった。あと1秒あれば、ラウンド終了のゴングが鳴っていた。

 控室での意識はしっかりしていた。「流れは自分のペースと思ったが…。気を抜いたところにもらった。油断でしょうね」。人生初のKO負け。具志堅用高(元WBA世界ライトフライ級王者)が持つ13度に次ぐ国内2位の防衛記録が10度で止まった。感情は言葉にならない。「悔しさはありますし、ただ…」。目にいっぱいの涙があふれた。

 3回までリードしていた。採点はフルマークが1人と、1点差が2人。すべてはプラン通りに進んでいた。右ジャブをいつもより多用。2回に右フックをヒットさせた。相手の得意な左フックは見切っていたように見えた。ただその威力は、想像を超えていた。1回には左をもらい、右奥歯がグラついた。2回の開始前、セコンドに「パンチ、めっちゃ硬い」と漏らした。

 「負けたが、あれが実力。言い訳できない。コンディションは最高だった」。昨年12月にV10達成。それを境にテレビ出演が急増した。ただ決戦が迫ると、大手製薬会社など数社から届いた全国CMの初オファーを惜しげもなく断り、練習に集中していた。

 強い相手を求めていた。WBOは日本未公認のため、勝っても相手のベルトは手にできなかった。それでも事実上の“王座統一戦”は、待ち望んだ舞台だった。1回途中、スリリングな攻防が一段落すると「やるな」とばかりにニヤリと笑った。負けたにもかかわらず「この試合は試合で満足している。やってて楽しかった。駆け引きが面白かった」。今までにない高揚感があったのも確かだ。

 今後について多くを語らない長谷川に代わり、山下正人会長は「これで終わりじゃない。オレはもう1回、バンタムでモンティエルと勝負したい」と再戦を求めると、長谷川も「自分もできるならやりたい」と続けた。5年にも及ぶ長期政権は幕を閉じた。だが、長谷川のボクシング人生が終わったわけではない。きっと、はい上がってみせる。もっと強く、より強くなるために。【大池和幸】

 [2010年5月1日8時51分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

長谷川穂積





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  長谷川穂積あごを骨折、長期離脱か - 格闘技ニュース
  2. 2  長谷川再戦か2階級制覇か「本人しだい」 - 格闘技ニュース
  3. 3  坂田「ハッスルも死んでねえ」/ハッスル - 格闘技ニュース
  4. 4  長谷川4回残り10秒で…/ラウンドVTR - 格闘技ニュース
  5. 5  フィギュア高橋、モロゾフ妻と組みたい - スポーツニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 格闘技
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです