日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


井上昌己が日本記録で1着/松阪

<松阪競輪:蒲生氏郷杯王座>◇G3◇最終日◇11日

 特秀9Rで、400バンクの上がりタイム日本人新記録が飛び出した。小埜正義をまくった中川誠一郎を井上昌己(34=長崎)がゴール寸前でかわして10秒4。

 昨年9月、名古屋でパーキンス(27=オーストラリア)がたたき出したタイムに並んだ。

当然、これまでの松阪のレコード、10秒6も更新した井上は「(中川)誠一郎はすごい掛かりだった。2センターでも抜けるかどうかわからなかったくらい。バンク新? 自分で出したわけじゃないから。自力ではB級のときに500バンクの門司(13秒4、01年)でバンク新を出したけど、なくなったから…」と照れ笑い。

 一方、個人上がり10秒5の中川も過去の記録を上回ったが「バンクレコードを持ってなかったから記録はほしかった。自分でもいい掛かりと思った。後ろが井上さんじゃなかったら…」と苦笑しきりだった。

 [2014年5月11日16時23分]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞