日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

G大阪加地開幕絶望、太もも打撲松葉づえ

松葉づえをついてクラブハウスから出てきたG大阪DF加地(撮影・北村泰彦)
松葉づえをついてクラブハウスから出てきたG大阪DF加地(撮影・北村泰彦)

 G大阪の日本代表DF加地亮(28)の開幕戦出場が絶望となった。8日のJ1開幕千葉戦(万博)に向けて6日、非公開で紅白戦を実施。加地は接触プレーで右太ももを強く打撲し、大阪・茨木市内の病院に直行して検査を受けた。7日にも全治など詳細が判明するが、歩行困難な状況。長期離脱となれば、3年ぶりの王座を狙うG大阪も非常事態を迎え、日本代表で臨むW杯アジア3次予選バーレーン戦(26日、アウェー)にも影響する可能性がある。

 加地は松葉づえをついてクラブハウスから出てきた。負傷した右足は自由がきかず、曲げることもできない。チーム関係者の車の後部座席に乗せられ、帰路に就いた。「可能性のある限り、最後まであきらめずに目指したい」。8日の開幕千葉戦への意欲は見せたが、残された時間を考えれば、出場は絶望となった。

 まさかのアクシデントだ。万博で非公開の紅白戦に参加。主力組の右サイドバック(SB)に入ったが、DFミネイロと接触して右太ももを痛打したという。一度は立ち上がったが「徐々に力が入らなくなった」。茨木市内の病院に直行し、検査を受けた。腫れがひどく、クラブハウスに戻り、4時間以上アイシングなどの治療を受けた。

 岩城トレーナーは「肉離れなど(長期離脱確実な故障)ではないが、打撲でも筋肉が損傷していることもあり得る。状況次第で、再検査を受けることになる」と説明した。全治など詳細は7日にも判明する。順調に回復すれば26日のW杯アジア3次予選バーレーン戦には間に合うかもしれないが、G大阪にとっては痛い離脱だ。

 リーグでの挽回(ばんかい)を誓っていた。日本代表では右SBに19歳の内田(鹿島)が台頭し、不慣れな左SBを任された。G大阪では本職の右SBに復帰。昨季は左腸腰(ちょうよう)筋肉離れで5~6月に5試合欠場した悔しさから「今年はケガのないようにしたい」と話していた矢先の負傷だった。ベスト布陣で開幕戦に臨めるはずのG大阪がいきなり試練に立たされた。【北村泰彦】

 [2008年3月7日9時20分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

0

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは








日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです