4年ぶりの春全道制覇を狙う札幌第一が、滝川西を下し準々決勝に進出した。

1回1死二、三塁から4番疋田悠真捕手(3年)の二ゴロの間に1点を先制。1死三塁から5番田中佑弥主将(3年)が右中間への適時二塁打を放ち、さらに1点を追加した。

5回に2点、6回に1点を加え、7回に1死一塁から8番渥美嘉成一塁手(3年)が右越えに公式戦初アーチとなる2ランを放ち貴重な追加点を挙げた。渥美は「感触は良かったが、ライトを見たら捕球体勢に入ったように見えた。でも打球は伸びてくれた」とほっとした表情をみせた。

菊池雄人監督(49)は「ちょっと打ちあぐねた感じがあって、派手さはなかったが、点の入り方に関しては粘り強かったかなと思う。1つでも多く試合をしたいので頑張ります」と次戦を見据えた。