神戸弘陵(兵庫)の最速152キロ右腕、村上泰斗投手(2年)は、3回を投げ3安打4四死球4失点と苦しんだ。

報徳学園との練習試合に先発。初回2死から連続四球を許す不安定な立ち上がりで、2回には1発を被弾。3回は四球が絡んで3点を失った。最速は149キロを計測も「自分のピッチングができなかったのが一番悔しい。勝てる投手を目指して、制球力を磨いていきたい」。進路希望については「高卒でプロ1本で考えてます」と話した。