阪神ドラフト2位小野泰己投手(23)はまたもプロ初勝利を逃した。

 1点リードとなった直後の4回に先頭からの3連打。犠飛もあって逆転を許した。さらに1死一塁で8番奥村に投球したところで右ふくらはぎがつってしまい、そのまま降板。3回1/3を6安打4失点だった。

 「失点しても点を取ってくれたので、なんとか防がないといけなかった」と悔しさをにじませた。

 黒星こそ付かなかったが、これで12試合に先発して0勝7敗と、またウイニングボールはつかめなかった。