広島は1軍に昇格した今村猛投手と中崎翔太投手がともに1回無安打無失点と好投した。

7回に登板した今村は最速142キロの直球を軸に、1四球を与えるも後続を断った。「思ったよりできた。1軍のメンバーに食い込んでいきたい」。

中崎は昨年8月25日以来約10カ月ぶりに1軍戦に登板。最速144キロの直球と変化球を操り、3者凡退に抑えた。「最初が大事だと思っていた。1軍が確定したわけではない。ポジションを勝ち取りたい」と気合十分。

両右腕について佐々岡真司監督は「入りが大事だった中で、結果が出た。どんどん調子も上げていってくれると思う」と目を細めた。