広島が今季9度目のゼロ封負けを喫し、4位巨人に0・5ゲーム差に迫られた。巨人先発山崎伊に8回途中まで無得点に抑えられると、この回に得た2死二、三塁も代打デビッドソンが空振り三振に倒れた。先発床田は3本のソロによる3失点で今季最短5回降板となり、2敗目となった。試合後の新井貴浩監督(46)の談話は以下の通り。

-床田投手の投球について

新井監督 相手の打線もどんどん初球からスイングして来ていた。(球自体は?)いつもより少し高かったなという感じはありますけど、相手がすごく積極的にスイングして来ていた。でも、トコ(床田)もそういうこともある。

-打線はここ4試合で計4得点と、得点できていない

新井監督 そこは自分がしっかり考えて、明日に臨んでいきたいなと思います。

-積極的だった巨人打線に対し、広島打線は消極的に映った

新井監督 相手の投手も低め低めに集めていたと思うので、そこを見極めないと相手の術中にはまる。そこはまた次対戦あるときにどんどん仕掛けていくのか、対策を考えていきたいと思います。

-6回に途中交代した西川選手の状態について

新井監督 ちょっと(右)脇をスイングのときに少し痛めたように感じたので、代えました。

-明日以降は

新井監督 明日以降は状態を見てですね。

-右前腕に死球に受けた菊池選手も8回に交代

新井監督 キク(菊池)もちょっと当たり方がね。自分から(スイングしに)行っているし、全部吸収していたから。キクも明日の様子を見てになると思う。

-西川選手はオールスター出場が発表されたばかりのアクシデント

新井監督 そこは心配。いずれにせよ、明日の状態を確認してから。今日の段階では何とも言えない。

-68球で降板した床田投手は中5日で最終戦に登板するか

新井監督 中5で最終戦行ってもらいます。それは結構前に伝えてあるので。また、前半戦最後の登板に期待したいと思います。

【関連記事】広島ニュース一覧