コンテンツエリア



メインコンテンツ

大相撲

夏の絵日記2016

8月15日 誉富士

誉富士

 「自分を描くのって難しいですね」。誉富士関が見せてくれた絵は巡業移動中のバス内でした。音楽を聞く宝富士関の後ろで、扇子を仰ぎながら日本海を眺める自分。「宝富士はそり込みが決め手。自分の絵は、どこか荒鷲関みたいになっちゃいました」と笑う、特徴をつかんだ絵日記です。

 絵は、新潟県の胎内市から上越市へと向かう道中。「日本海を見て、地元(青森)の鰺ケ沢を思い出しました。雰囲気が似ているなって」。幼少時代、夏と言えば「海」でした。友だちとバーベキューに出かけ、父親と一緒に潜る。「カキやサザエを捕って、岩にぶつけてその場で食べる。それが面白かったんです」。

 近大時代、後輩でもある宝富士ら青森出身の仲間と一緒に、県内の深浦の海に行ったことがありました。そのとき、宝富士は岩に膝をぶつけて血まみれに。以来、海に誘うと「『砂浜にしましょうね』って必ず言うんです」。そんな懐かしい日々が思い出された、この夏でした。





相撲・格闘技

井岡快挙挑む、京口V2戦、吉田王者/世界戦速報中
井岡快挙挑む、京口V2戦、吉田王者/世界戦速報中 [記事へ]





右カラム