ロックバンドTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント、03年解散)ボーカルや、The Birthdayのボーカル&ギターを担当した、チバユウスケさんが11月26日、死去した。55歳。5日、公式SNSなどで発表された。

SNS上では、音楽界にとどまらず、驚きと悲しみが広がっている。氣志團の綾小路翔は自身のX(旧ツイッター)で「そんな…」と驚き、マキシマムザホルモンのナヲは「嘘だ嘘だ嘘だ…やだやだやめてよ これ以上あたし達のヒーローを連れて行かないでよ」と悲痛な思いを吐露。歌手ASKAは「元、ミッシェルガンエレファントの千葉くんもか。。。千葉くん、カッコよかったなぁ。音楽もルックスも」と早すぎる死を惜しんだ。

OKAMOTO'Sのハマ・オカモトはステージに立つチバさんの写真を貼り付けて「ありがとうございました。ロックスター」と追悼。また、女優の佐伯日菜子は「ああ、そうか…この世界からまたひとりかっこいい人がいなくなってしまった。待ち焦がれていたよ。作品は残り続ける でも、今はただただ悲しい」とつづり、俳優の永瀬正敏はインスタグラムに、自身が撮影したチバさんの写真をアップ。ストーリーズでは真っ黒の画面で哀悼の意を表した。

King Gnuの常田大希はストーリーズでチバユウスケさんの写真を掲載。「あなたの存在は永遠です」とつづり「My hero May they rest in peace(私のヒーロー 安らかに眠れますように)」と悼んだ。

東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は「チバユウスケ逝去。受けとめきれない」とショックの様子とともに「俺の中では彼は今も不死身で無敵だ。余りにも際立った才能ゆえ、その天才性を軽々しく語るのはいつも躊躇われたけど、チバユウスケは天才中の天才です。誰にも真似できない、という言葉は彼にこそ相応しい。きっと谷中さん、何言ってんだよ!って言われるな、、」とつづった。

LUNA SEA、X JAPANのSUGIZOは「チバユウスケ氏・・・。ニアミスばかりでほぼ面識はなかったけど、最強にカッコいいヴォーカリストとしてとてもリスペクトしていました。ただただ悲しい。また、偉大なアーティストがこの世を去ってしまった。本当に残念でなりません。チバ氏のご冥福を心からお祈りします」とコメントした。

Dragon Ash降谷建志(44)はチバさんの写真を掲載し「2001年、くわえタバコで缶ビール片手にロックフェスの袖ウロウロしてさ、駆け出しの小僧の俺の頭クシャってして“お前はヒロト君にならないでいいから新しいヒーローになんな”って言ってくれた。それが最初の会話...」と回想した。続けて父親で俳優の古谷一行さんが22年に亡くなったことに触れ「去年親父が他界した直後のロックフェスのバックステージ、くわえタバコで缶ビール片手に肩ぶつけて来てさ、“イェーィ元気?”ってわざわざ声掛けに来てくれた。それが最後の会話…」と紹介。「本当にお疲れ様でした。そっちで大好きなギタリストと大好きなバンドマン達と大好きな音楽鳴らして下さい。いつか聴きに行くんで、その時はまた同じ様に、くわえタバコで缶ビール片手に声掛けて下さい」と感謝した。

The Birthdayがオープニング曲を担当したことでも話題となった映画「THE FIRST SLAM DUNK」(井上雄彦監督)の公式SNSでは、訃報が添付され「チバユウスケさんのことを伺いただ驚き、言葉を失っております。チバユウスケさんのご冥福をお祈りします」と追悼の言葉が記された。原作を描いた井上雄彦氏も「ただ感謝と、寂しさが溢れてきます」と思いをつづった。