藤井聡太棋王(竜王・名人・王位・叡王・王座・王将・棋聖=21)が同学年の伊藤匠七段(21)の挑戦を受ける、将棋の第49期棋王戦コナミグループ杯5番勝負第3局が3日午前9時から新潟市「新潟グランドホテル」で行われた。対局は午後6時53分、早めに動いて局面を優位に進めた藤井が105手で押し切った。

これで対戦成績を2勝1分けとし、棋王初防衛と8冠堅持、自身の記録を更新する「タイトル戦21連覇」へ、あと1勝とした。第4局は17日、栃木県日光市「日光きぬ川スパホテル三日月」で行われる。

    ◇    ◇    ◇

挑戦者の伊藤七段、健闘しました。奮起してよく戦いました。相手の大駒をうまく押さえ込んで、中盤は難解な局面が続きました。しっかり対応していましたがたった1手、5筋の守備銀を6筋に引いた手でチャンスを逃したと思います。

藤井棋王から香車を6筋に打たれる手が見えていましたが、あそこは飛車を1筋に打ち込んで角と成香の両取りをかけ、攻め合いに持ち込めば難しかったでしょう。勝負の分かれ目となりました。

昨年の第3局、渡辺明棋王(当時)対藤井5冠は双方1分将棋になる激戦でした。今回も、飛車を打てばさすがの藤井棋王も時間を削られたでしょう。1分将棋の「指運(ゆびうん)勝負」(読み切れないまま直感で指すこと)になっていたかもしれません。第4局はかど番の伊藤七段が先手番ですし、さらに奮起してもらって「駒が前に出る将棋」を指してもらいたいですね。

実は私、名人を取った1982年(昭57)の前、73年にも中原誠名人(当時)に挑戦して4連敗しました。2連敗した時、大山先生(故大山康晴15世名人)が「駒が前に出るよう、加藤さんに伝えておいてね」と人づてに話していたと聞きました。伊藤七段にも、同じことを伝えたいです。

藤井棋王は対応が見事でした。タイトル戦ともなれば楽には勝たせてもらえませんが、序盤の研究が行き届いています。終盤の攻防もしっかり読んでいます。もちろん、香車の打ち込みは鮮やかでした。その前に自陣の銀をじっと引き、守備固めしてから攻めかかったのにはうならされました。好調だからこそ、なせる技でしょう。(加藤一二三・九段)

【動画】藤井聡太棋王が105手で伊藤匠七段破り連勝