吉乃川/長岡市
「飲む人にどうしたら楽しんでもらえるかを常に意識しています」と藤野正次杜氏

 約470年前に創業。県内最古の酒蔵である吉乃川は、旧三国街道沿いの摂田屋(せったや)地区にある。2軒の酒蔵のほか、みそ、しょうゆなどの醸造蔵が集まり、江戸時代には幕府直轄の天領であった特別な地で、一帯には往時の歴史を感じる独特の空気が今なお流れている。

 この蔵が変わらず目指しているのは、新潟の米、水、人により、地元の人たちが日常楽しめる酒だ。手軽に楽しんでもらえるよう、日常酒は大型仕込みによりコストを下げ、酒販店のほかスーパーなどの量販店での販売にも積極的だが、「酒造りの基本は手作りです」と藤野正次杜氏(とうじ)。「代々受け継がれてきた大吟醸酒の酒造りをベースに、それをレギュラー酒にも応用しています。そして、飲む人にどうしたら楽しんでもらえるかを常に意識しています」。

 その証しとなるのが過去の鑑評会受賞歴だ。新潟の酒が全国的に評価されていなかった時代にいち早く入賞。その後も受賞を重ねている。機械化をしても必ず人の手を入れる。機械化をしても自動化はしない。日常酒から高級酒までこの精神を貫く。

 この軸足のもと、伝統を受け継ぐための新しい取り組みにも挑戦している。女性による女性のための日本酒を応援する「吉乃川女子部」を発足し、リキュールやワイン酵母仕込みの酒、フェイシャルマスクなど、日本酒の新たな可能性を探っている。

 今回の「蔵の1本」は「杜氏の晩酌 本醸造」。杜氏自身が「この酒で晩酌したい」と思える酒を形にした「杜氏の晩酌」は、このほかに吟醸、純米と全3種類がある。酒米「五百万石」で醸した風味豊かな本醸造酒はどんな料理とも合う万能酒で、冷酒でもお燗でも楽しめる1本だ。【高橋真理子】

[2015年12月26日付 日刊スポーツ新潟版掲載。一部変更]