北照が5回コールド勝ち 2季連続甲子園へ好発進

  • FacebookMessenger
  • TL

<秋季高校野球北海道大会小樽地区予選:北照11-0岩内>◇12日◇2回戦◇小樽桜ケ丘

今夏甲子園の南北海道代表・北照が、5回コールドで新チームの初戦を突破。攻守がかみ合い、2季連続甲子園に向け発進した。

0-0の2回に、4番国方海成二塁手(2年)のソロ本塁打などで一挙6得点を先制。7-0の4回は無死一、二塁から4点を奪いリードを広げた。守っては右横手投げのエース桃枝(もものえ)丈(2年)が4回無安打で抑えた。

スタメンで公式戦出場の経験があるのは桃枝のみ。上林弘樹監督(39)は「力がないのはわかっている。一体感を持ってつながることは前のチームと変わらず戦っていきたい」と話した。

 

このニュースの写真

  • 北照対岩内 2回無死、右中間に先制のソロ本塁打を放ち生還する北照の国方(右)(撮影・西塚祐司)
  • FacebookMessenger
  • TL