昌平8強 通算34発の吉野が新たな歴史へ3安打

  • 本庄東対昌平 6回裏昌平無死、右前に安打を放つ昌平・吉野(撮影・湯本勝大)

<高校野球秋季埼玉大会:昌平9-2本庄東>◇25日◇3回戦◇市営大宮球場

新たな歴史を創ろうとしているスラッガーがいる。昌平の吉野創士外野手(2年)は、高校通算34本塁打。身長185センチと恵まれた体格から放つ鋭い打球は、スター性を感じさせる。チーム初の甲子園出場に向けて奮闘中だ。

本庄東との秋季大会3回戦では、3打数3安打2打点と8強入りに大きく貢献した。圧巻だったのは7回1死二、三塁で放った打球。投手の代わりっぱな、初球の直球を振り抜いた。タイミングがずれ、バットの先で拾った当たりそこね。にもかかわらず、ボールは左翼フェンス上部ではね返った。「タイミングがワンテンポ遅らせていたら入ってたかも」と自己分析した。

「歴史を創る」と意気込んだ今夏の埼玉独自大会では、初の準優勝。そのメンバーに2年生で唯一ベンチ入りし、3番左翼で試合に出続けた。夏の経験を仲間に還元して、先輩たちを超えるチームを作る。「先輩たちは初回に点を取るタイプだったが、追い上げが大事だと感じた」。2回2点先制しながら、無得点でタイブレークに持ち込まれた独自大会準決勝の浦和学院戦を振り返る。後半で勝負強く点を取る…。この日も5回まで4安打1得点でリードを許したが、6、7回で8点を奪い、一気にコールドを決めた。

関東大会出場にあと2つのところまできた。達成し、さらに勝ち進めば、センバツの舞台も見えてくる。「チームが勝てばそれでいい。大きいところは狙う。小技を使うときは使う。チームバッティングに徹します」。落ち着いた声で、静かに闘志を燃やした。【湯本勝大】