巨人野間口再び支配下選手 「46」で1軍目指す

 巨人は20日、野間口貴彦投手(31)の支配下選手登録を発表した。背番号は「46」。

 13年9月、右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術を受けた。育成選手として地道にリハビリを重ね完治し、再び支配下選手に戻った。

 川崎市のジャイアンツ球場で会見した野間口は「手術前、原沢GMに『どんな事があっても諦めないで、姿勢を若手に見せてほしい』と言っていただき、誰よりも早く球場に来てリハビリしようと決めた。1軍のマウンドに上がって投げることが目標。そこを目指して頑張りたい」と話した。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新