阪神藤浪が初完封「仙台はヤジも少なく…」一問一答

<日本生命セパ交流戦:楽天0-3阪神>◇2日◇コボスタ宮城

 阪神藤浪晋太郎投手(22)が満点の投球で、今季初完封勝利を挙げた。楽天打線をわずか1安打に封じる快投。試合後のヒーローインタビューでも舌は滑らかだった。

 -2カ月近く勝てない

 藤浪 自分自身、一番長かったですし、本当につらい時期だったので、何とか久々にいいピッチングをできてよかったと思います。

 -どこがよかった

 藤浪 力抜いて、無理に力で押さずに、三振を狙わずに、しっかり打ち取って、投げていこうと思ったのがよかったと思います。

 -内野ゴロが多く、野手もしっかり守った

 藤浪 エラーもなかったですし、途中で北條が(二塁守備で)出てきたんで、ちょっと怪しいなとは思ったんですけども、何とか守ってくれてよかったと思います。

 -7試合ぶり、およそ50日間もあった

 藤浪 本当にいろいろ考えましたし、プロ入ってからワーストタイですかね、勝ってなかった6試合、すごい情けなかったですし、ファンの方に申し訳ないと思いながら、ずっとやってた。なんとか本当に今日、ファンの皆さんの前に、いいピッチング見せられてよかったなと思ってます。

 -ビジターでは初完封

 藤浪 それはちょっと知らなかったんですけど、仙台はね、やじも少なくてすごく投げやすかったと思います。

 -仙台、東北のファンは温かい

 藤浪 関西のファンと比べるとすごく温かく応援してもらったので、本当にありがとうございました。

 -明日から甲子園

 藤浪 交流戦はとりあえず最初のカードを勝ち越して終えることができたので、勝ったことで油断せずに、自分自身も勝ってかぶとの緒を締めるというか、気持ちを引き締めて、次以降、しっかり頑張りたいと思います。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新