ソフトバンク甲斐&上林が侍候補入り アジアCS

 ソフトバンク甲斐拓也捕手(24)と上林誠知外野手(22)が「アジアプロ野球チャンピオンシップ」(11月16~19日、東京ドーム)の代表候補に入っていることが9日、分かった。

 24歳以下、入団3年以内で構成される中、入団7年目で11月に25歳を迎える甲斐は、オーバーエージ3枠の1人として招集される。強肩を武器に今季正捕手としてリーグ優勝に貢献した成長株。上林は高卒4年目の今季、右翼の定位置をつかんだ。

このニュースの写真

  • ソフトバンク上林誠知(2017年8月6日撮影)