阪神糸井1・2億増更改、今季「50点…いや2点」

 阪神糸井嘉男外野手(36)が14日、兵庫・西宮市内の球団事務所でチーム大トリの契約更改交渉に臨み、昨オフに結んだ複数年契約に沿って1億2000万増の4億円プラス出来高で契約を更改した。FA移籍1年目の点数は? そう問われて「難しいな」と考え込んだ。そして、「50点…いや、2点! やっぱり納得できるモノがなかった」。周囲は爆笑だったが、その表情は真剣だった。

 オリックスからFA加入した今季は114試合に出場して打率2割9分、17本塁打、62打点、21盗塁を記録し、攻撃の核としてチームを支えた。ただ、7月に「右脇腹の筋挫傷」で1カ月の長期離脱。「ケガして1カ月離脱して責任を感じた。オレなにしとんねん! と」。充実感よりも悔しさが残った。

 前日13日には阪神がメジャー71発の新助っ人ロサリオの獲得を発表。糸井も「ヒゲかっこいいな」とR砲を歓迎した。金本監督も4番候補として考えているだけに3番糸井、4番ロサリオの並びになる可能性もある。来季もさらなる活躍が期待される超人は「来年はホンマに…スーパーな糸井でいきたいと思います」と宣言した。(金額は推定)【桝井聡】