千葉市が初回6得点猛攻で3位「もう1つ上いける」

<リトルシニア 関東連盟夏季大会-林和男メモリアル10:千葉市8-0足利>◇23日◇3位決定戦◇埼玉・上尾市民球場

千葉市が初回の猛攻で足利にコールド勝ちした。1死後、2番石井の死球から相手の守備の乱れなどもあり、打者12人で4安打6点を奪った。2回にも5番高橋、6番林の連続二塁打などで2点を追加し、8-0での勝利だった。

加藤正次監督は「今年は打撃のチームなのですが、準々決勝の取手戦(初回4点)といい、こんなにつながるとは思わなかった」と、うれしい誤算でもあった。投げても、先発菊地が準々決勝に続いて好投。4回まで1安打無失点に抑えて、試合をつくった。5回はエースの金綱が三者連続三振で締めた。

林丈偉主将は「3位はうれしいけど、自分たちの野球をすればもう1つ上にいけると思う。スキのない打撃をしていきたい」と、自信をつかんだ様子だった。