オリックス通算5000敗「山岡あまりに悪い」監督

<西武8-7オリックス>◇14日◇メットライフドーム

オリックスが因縁の対決に敗れ、4連敗を喫した。

死球を巡り乱闘騒ぎとなった末に敗れた13日の憂さ晴らしをするかのように、初回に5点を先取した。しかし先発山岡が誤算だった。その裏に1点を失い、3回には打者一巡の猛攻を浴び一気に逆転された。4回に一時勝ち越すも、8回4番手海田が山川に痛恨の逆転2ランを被弾。逃げ切ることができなかった。

西村監督は「初回に5点を取っただけに3回の山岡があまりにも悪かった。もっと攻めていかないと」と指摘した。ともに今季ワーストの被安打9、6失点を喫した山岡は「チームがいい流れで来ていただけにリズムの悪い投球になってしまった。申し訳ないという気持ちしかありません」と下を向いた。これで2年連続西武戦の負け越しが決定。12球団ではDeNAに次ぐ2番目の早さで通算5000敗目に達した。

その他の写真

  • 西武対オリックス ベンチで腕を組むオリックス西村監督(左)(撮影・鈴木みどり)