西武秋山が海外FA権取得、行使視野も明言避ける

西武秋山翔吾外野手(31)が20日、出場選手登録が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。

メットライフドームでの日本ハム戦前に取材に応じ「まずはここまで使ってもらえたことで、9年間出られることができた。いろんな方々に支えてもらわないと出られないわけだから、協力してもらった人たちに感謝しています」と、素直な気持ちを示した。

今季が3年契約最終年となり、今オフのメジャー移籍が選択肢の1つに加わった。球界関係者の話によると、西武残留を含めた国内球団に限らず、メジャー挑戦のために海外FA権の行使を視野に入れているという。秋山は「シーズン中なんで、今日勝たないと(ソフトバンクに)マジックが付く。個人的なことだから自分がどうこう言うことはない。チームが動いている以上、今日は言うことはない」と話すにとどめた。

球団側はこの日の試合後にも直接会談の場を設け、即日慰留に動く模様だ。